新卒が仕事を辞めたい理由

新卒が仕事を辞めたい理由


HOME >> 新卒のときは職場の上司との関係で悩みました



新卒のときは職場の上司との関係で悩みました


新卒で働き始めた時、悩みがちなのが上司との関係です。

私も新卒で配属された部署に、直属の上司がいたのですが、少し気難しい方で、どう接して良いのか初めの頃はとても悩みました。

仕事を進める上で、信頼関係もとても大切なのは分かっていますが、それを培うためにどう行動すべきなのか分からず、試行錯誤の毎日でした。

色々な経緯を辿っていくうちに、上司との距離が近く感じられるようになりました。

まず大切なのは、よく耳にする「報連相」です。

これは、報告・連絡・相談のことですが、上司や部下、職場の人間関係で良い形を作っていくためには必要不可欠なことだと思います。

私も新卒の時は分からないことだらけだったので、上司にたくさん質問をしました。

報告は簡潔に、相談をした後には、必ずありがとうございますとお礼を言うなど、毎日小さなことの積み重ねですが、それが信頼関係を作れたのだと思います。

次に、性格的に自分とは合わない上司との接し方です。上司の中には、気分で態度が変わる人や、口が悪い人もいますよね。

私も過去にこういったタイプの上司がいて、その時はどう接したら良いのか本当に悩みました。

だって、出来たら話したくないと思ってましたから。

ですが、仕事だとそうもいかないので、理不尽なことを言われてもぐっと堪えて、簡潔に話を終わらせるようにしていました。

ここで怖いのは、嫌いとか苦手だとかゆう理由で報連相を怠り、仕事上大きな問題が起きてしまう場合です。

あなたも、苦手な上司と関わらないといけない状況かもしれませんが、仕事上は耐えて接するようにしましょう。

その上司のことが苦手でも嫌いでも、仕事上は関係のないことなので、プロ意識を持って接していくのがポイントです。

職場の上司との関わり方はどんな時でも悩みがちですが、まずは報連相をしっかりすることで、上司も次第にあなたを信頼してくれると思います。

苦手だと思っても、根気よく接するように心がけましょう。


関連記事です




Copyright (c) 2016 新卒が仕事を辞めたい理由 All rights reserved.

▲TOP