新卒が仕事を辞めたい理由

新卒が仕事を辞めたい理由


HOME >> 仕事は教えられるものではなく自分で知っていくもの



仕事は教えられるものではなく自分で知っていくもの


新卒の時は、何度か研修などもあり、仕事内容を教えて貰う機会が設けられていることがほとんどだと思いますが、いざ働くと、誰も仕事を教えてくれない状況になっていることもあります。

私も新入社員だった頃、配属が決まる前に研修があって、基本的な電話のマナーや社会人として常識ある行動などを学びましたが、いざ配属先へ行くと誰も仕事を教えてくれませんでした。

ですが、そんな状況でもなんとか切り抜けて仕事を覚えなくてはいけませんよね。

私は、とにかく先輩の仕事振りを観察しながらメモを必死にとりました。

仕事中にとるメモは、自分だけの大切なバイブルです。

ふと疑問に感じた時や休憩中、帰宅途中などに読み返すと、ああそうゆうことかと改めて理解できることがたくさんあるのでおすすめです。

メモをとる時に、先輩がしていた良い対応や、言い方など、自分にも真似出来そうなことがあれば、それも一緒に書き込んでいきましょう。

目標や今日できたことを書くのも良いと思います。聞いて覚えるのも大切ですが、観察して覚えることも大事です。

1ヶ月もすれば、驚くほど自分の身になっているはずです。

そして、多くの職場では、仕事は聞かないと教えてくれないというのが一般的です。

少し厳しいと感じるかもしれませんが、先輩や上司は新入社員の教育がメインではなく、他にこなさなくてはならない通常の業務があるので、教育に時間を費やせないという状況もあり得ます。

なので、もし分からない事などあった時は、積極的に聞いて疑問点を1つずつ解消していきましょう。

先輩や上司も、質問をしてくれる新入社員をやる気があると思ってくれますし、それが信頼に繋がります。

教えてくれるのをただ待つのではなくて、自分からメモをとったり、質問したりすることで、新しい知識や経験がよりしっかりと身に付きます。

そのためにも、毎日をぼーっと過ごすのではなく、何をすべきか自分の中で考えながら仕事をしていくことが大切だと思います。


関連記事です




Copyright (c) 2016 新卒が仕事を辞めたい理由 All rights reserved.

▲TOP